3. 相続税対策として ご家族に資産を残すために

2015年度の税制改正により、相続税が大幅に増税されたこともあり、不動産保険運用による相続税対策が注目を浴びています。
また、通常の生命保険から得られる保険金を相続する場合、法定相続人1人に対し、500万円の控除以外は全て相続税の課税対象となるため、一般的な生命保険を沢山掛けていても、手取額は半分程度になってしまうこともあります。 2億円以上3億円以下と、6億円以上の相続を受ける場合の税率は共に5%ずつ引き上げられ、基礎控除額も縮小。

万一のとき

POINT

相続税が大幅に軽減

現金や有価証券では全額課税対象となりますが、不動産の相続では、相続税の課税対象は市場の実勢価格でなく路線価を基準としているため、現金や有価証券と比べ20〜30%程度までに大幅に評価減ができます。

※運用する不動産により、金額は異なります。

PAGE TOP